効率

効率

定義

電気モータの効率とは、出力(機械的)と入力(電気的)の間の比です。機械的出力は、必要となるトルクおよび速度に基づいて計算され(例:モータに取り付けられた物体を移動させるのに必要な動力)、電気的入力は、モータに供給される電圧および電流に基づいて計算されます。電気から機械への変換時に、熱や摩擦などの様々な形式でエネルギーが失われるため、機械的出力は電気的入力より常に小さくなります。電気モータの設計は、効率を改善させるためにこれらのロスを最小化することを目指します。

ソリューションの概要概要

ポルテスキャップのモータは、最大 90% の効率を達成する設計となっています。強力なネオジムマグネット、および機能強化された磁気回路設計により、当社のモータは強力な電磁束を作り出し、電磁損失を低減させます。ポルテスキャップは、電磁設計およびコイル技術の革新をさらに推し進め(例:コアレスコイルなど)、立ち上がり電圧を小さくし、消費電流を抑えることができるように尽力します。ブラシ付きDCモータの低抵抗整流子およびコレクタにより、摩擦が低減し、モータ効率が改善されます。当社の先進の設計により、ロータとステータ間のエアギャップを極力小さくしたモータの製造が可能となり、、トルク出力単位当たりのエネルギー導入量を小さくすることがきるようになりました。

ポルテスキャップの技術

高度なコアレスコイル、および優れたブラシ性能により、当社のブラシ付きDCモータ設計は非常に効率がよく、バッテリ使用のアプリケーションに最適です。ポルテスキャップは、スロットレスDCブラシレスモータも提供しています。これはジュール損失を大幅に低減することができ、高速アプリケーションでの高い効率性を可能にします。