費用効率の良いパッケージで速度/トルク性能を実現する Athlonix 22DCP ブラシ付き DC モータ.

ポルテスキャップは、次世代 Athlonix™ 高出力密度ブラシ付き DC モータを発表します。Athlonix DCP モータは、幅広い用途に理想的な、費用対効果が最適化されたソリューションを提供します。直径 22mm の新しい 22DCP モータには、エネルギー効率の良いコアレス設計が採用される予定です。22mmの新製品である22DCPモータは、エネルギー効率の良いコアレスデザインにより最適化された自己保持型コイルと磁気回路が特徴で、最高の価格対性能比を保証します。

アルニコマグネットを使用した貴金属整流およびグラファイト整流の 2 種類の Athlonix 22DCP モータをご利用いただけます。カーボンブラシに採用された独自の定荷重ばね設計により、一貫した性能が保証されます。モータの寿命を長くする REE (電食制限) コイルはオプションでご利用いただけます。

最大連続トルク 6.5 mNm と類似の比較モータを上回る高ストールトルクにより、Athlonix 22DCP モータは、医療や産業ポンプ、ガス分析装置、セキュリティやアクセス、電動工具などの用途での使用り最適なモータとなっています。

「Athlonix モータは、独自の自己保持型コイルによって動くため、規定の直径に対し最大化された磁束とアンペア回数につながります」とポルテスキャップのブラシ付き DC 製品ラインマネージャー Sunil Kumar は話します。「一方、従来の自己保持型コイルには、磁気回路において磁束密度に影響を与えるアンペア回数の制限が本来備わっているため、さらに出力とモータの寿命が制限されます」と Kumar は話します。

部品の標準化と設計のモジュール性により、様々な用途にわたり、サンプルの速やかなカスタマイズ機能が保証されます。標準の構成は、最大 1 週間のリードタイムで納入できます。

Athlonix モータは、エンコーダや様々なサイズとギヤ比のギアヘッドと互換性があり、当社のオンラインモータコンフィギュレータMotionCompass™でもご利用いただけます。Athlonix モータは ISO の認定を受けた工場で製造されており、RoHS にも準拠しています。