ポルテスキャップは、高トルク・高加速・スピード5,000rpmを実現する為に最適化されたディスクマグネット型ステッピングモータP760シリーズをご紹介します。

Portescapは、この度、あらゆる用途向けの標準DCブラシレスモータをしのぐP760シリーズディ スクマグネットモータの販売を開始します。独自の薄型ディスクマグネットモータは、高トルクと 最大5,000rpmの加速を実現するよう最適化されています。ディスクマグネット技術と極対数の 最適化の組み合わせにより、この性能が達成されています。ディスクマグネット技術により、非 常に低い慣性が実現されます。また同時に、極対数の最適化により、鉄損とジュール損のバラ ンスが保たれます。この高速ステッパーモータは、慣性を17E-7 Kgm2 まで低くした状態で、0.7N mの高トルクが得られます。

クローズドループのP760シリーズモータは、優れた動的性能を発揮し、出来るだけ短時間で加 速と回転方向を変更させることが要求されるような過酷な用途に対応いたします。P760のメリッ トを得られる用途には、電動ヤーンガイド(繊維機械)、医療用 XY テーブルおよびロボットなど が含まれます。

「弊社のP760シリーズモータは、極めて低いロータ慣性で、独自の多極方式で設計されており ます。他のモータ技術と違い、ローターは、磁束の変動を得るために鉄の構造を追加する必要 はございません。エンコーダによるループの閉鎖により、最高速度の回転と優れた加速性能を 実現することが可能となります。これにより、このモータ技術は、高速インクリメンタル方式の動 作に適したものになります」 と、アソシエートプロダクトラインマネージャーのAnant Bhalerao氏 は話しております。

独自の設計と、エンコーダが標準搭載されたP760シリーズディスクマグネットモータを使用する ことによって、マシーンの設計者は全体的な設計効率を改善することが出来ます。結果的に、 これらのRoHS指令に準拠するターボディスク型ステッピングモータは、繊維、ライフサイエンス、医療、流体ハンドリングおよび産業用オートメーション機器において理想的なソリューションで あると言えます。

Portescap について

Portescap は医療・工業用の用途のモーション需要に、同種製品の中ではベストのソリューショ ンをご提供いたします。弊社では、広範な電気的な小型製品技術(ブラシ DC、ブラシレス DC、キャンスタック型ステッピング モータ、デジタル リニア アクチュエータ、ディスク マグネット、 ギアヘッド/エンコーダ/ドライブ技術)で性能を重視したアプリケーションにご使用頂いて います。Portescap 製品は70年以上にわたり、幅広い医療・工業用途(医療、ライフサイエンス および臨床診断、計装、オートメーション、航空宇宙、セキュリティ)で多様なモーション コン トロールのニーズに対応してきました。

Portescap は米国、セントキッツ島、インドに製造拠点を構えているほか、米国、中国、インド、スイスの研究開発センターを中心にグローバルな製品開発ネットワークを築いています。