石油の掘削&抽出

石油採掘産業では採掘同時計測、またはMWDツールが広く使われ、これは、ツールストリングのドリルヘッド部の後部に計測モジュールが組み込まれています。 このモジュールは、掘削角度、振動、速度などの可変パラメータを計測します。 バルブはデジタル情報を送信できるように、掘削泥水すなわちスラリーの流れを制御するように動作されます。これは、情報を表す圧力変動を作り出し、「パルサー」ユニットは、この情報を再構築するために、数千フィート上の地表に設置されたセンサーに、この情報を送り戻します。

泥パルス遠隔測定として知られるこの技術では、差圧パルスを生成するために、DCモータアッセンブリで駆動するアクチュエータが使われます。 バルブの開閉を制御するためのバルブスクリューを操作するDCモータが組み込まれています。これは、次に、ドリル流体(すなわち泥)の流れを制御します。

こうした用途に使われるブラシレスDCモータは、サイズが13~42mm、高トルク、広い動作温度範囲-55℃~200℃(油圧油媒体中に浸漬を含む)を有します。

ドリル関連のアプリケーションに最適なモーションソリューションを提案しますので、当社のアプリケーションエンジニアへコンタクトしてください。

利点

  • 軽いうえに、効率、信頼性がともに高い
  • コンパクトサイズで、より高いトルク密度
  • 強い衝撃、振動、極端な動作温度に耐えられる設計

カスタマイズオプション

  • より細かい動きの増加とトルク増のためのギヤヘッド
  • 位置フィードバック用エンコーダ
  • 位置検出用のホールセンサ