赤外線サーモグラフィー向けのモータソリューション

赤外線サーモグラフィー(IR)は、物体から放出される赤外線エネルギーを検出し、温度に変換し、温度分布の画像を表示する方法です。 IRカメラは、可視光を使用して結像する普通のカメラと同じように、赤外線放射を使用して結像する携帯機器です。 可視光カメラの450~750ナノメータ単位の波長範囲の代わりに、赤外線カメラは750ナノメータから最長14,000ナノメータ(14μm)の波長範囲で動作します。

IRカメラは実地試験や機械、電気、HVAC(暖房、換気、空調)設置場所のメンテナンスなどの用途で広く使用されています。 電動ソリューションは、レンズの焦点を自動調整して画像にピントを合わせるために使用されます。 モーションコントロールソリューションも同様に、ディテクタの動作を調節して優れた正確度、速度、高精度を得るために使用することができます。 ポルテスキャップのブラシ付きDCステッピングモータおよびアクチュエータと、キャンスタック型ステッピングモータおよびアクチュエータは、IRカメラの動作の正確度と速度を強化するため、軽量パッケージで高い分解能を実現します。

利点

  • コンパクトなサイズで高効率を実現
  • 高精度の熱分析で操作が簡単
  • 強化された正確度と速度

カスタマイズオプション

  • より精密なモーション変化量とトルクの増加を実現するギヤヘッド
  • 位置フィードバックを行うエンコーダ