サービスロボット用小型モータ

サービスロボットは、汚い、退屈、遠い、危険、繰り返しといった業務を遂行して人をサポートします。通常、自律動作や内蔵の制御システムによる動作を行いますが、手動で上書きすることもできます。一般的な使用法には、監視、工業用パイプラインおよび下水の点検、送電網のパトロール、倉庫内の自律搬送車などがあります。

サービスロボットは、小型のブラシ付きDCモータおよびDCブラシレスDCモータを、高トルクを実現するためのギヤボックス、および位置をフィードバックするためのエンコーダと組み合わせて使用します。小型モータは、高トルク、低い慣性モーメント、長いバッテリー寿命、負荷がかかっても動作可能というサービスロボットの要件を満たすことができます。つまり、ポルテスキャップのブラシ付きDCコアレスモータ、ブラシレスDCモータ、DCサーボモータは、軽量パッケージで長いバッテリーの稼働時間が実現するように設計されているので、最適なモーションソリューションとなります。

工業用パイプラインの点検、下水ロボット、送電網の点検ロボット、製品検査および品質チェック用ロボット、倉庫のピックアンドプレース用ロボット、小型のリモート操作車両、人型ロボットなど、さまざまなサービスロボットでポルテスキャップのモータが使用されています。

利点

  • コンパクトサイズでありながら高トルク
  • 低い慣性モーメント
  • 長いバッテリーの稼働時間
  • 長寿命
  • 消費電力、重さ、体積を低減して高い効率性
  • 重い負荷がかかっても(障害物を乗り越える、重いケーブルを引くなど)機能する能力

カスタマイズオプション

  • 高トルクでより高い分解能を実現するギヤヘッド
  • 位置フィードバックを行うエンコーダ
  • アプリケーションの実装要件を適応させるカスタムシャフト