外科用ロボット向けモータ

従来の整形外科から最小限の侵襲で行う一般的な外科まで、様々な外科手術手順において、幅広くロボット手術が行われるようになるにつれ、装置の設計者は、多様な用途に対応するためより多種多様なモータを必要としています。ポルテスキャップは、モータ技術とモータドライバの幅広いポートフォリオ、および外科用途における長年の経験により、ロボット開発ニーズに包括的に対応することができます。

ポルテスキャップの滅菌対応ブラシレスDC製品ラインでは、内視鏡、関節鏡、整形外科用エンドエフェクタを動かす高速、高トルク、高精度なモータをご用意しております。

無菌の現場以外での関節操作、咬合、触覚などその他のモーション要件に対しては、小型モータの幅広い製品ラインで、ロボットモーション制御に必要な正確なポジショニングを、コアレスおよび鉄心ブラシ付きDCモータやリニアステッピングモータなどのモータ技術とともに提供することができます。

当社のモータは次のような広範囲におよぶ外科用ロボットで使用しています。自動および半自動のロボット手術システム、ロボット補助外科手術用装置(RASD)、スマートハンドツール、アドバイスおよびナビゲーションシステム。

利点

  • 高速、高トルク、高いフィードバック、高精度な位置制御
  • オートクレーブ対応の製品もご利用いただけます
  • 電磁気的および機械的なあらゆるカスタマイズが可能です
  • 一体型のブレーキ、チャックなどのモーションコントロール部品の経験

カスタマイズオプション

  • 回転当たり2,048以上のエンコーダフィードバック精度
  • オートクレーブ対応の製品もご利用いただけます
  • 電磁気的および機械的なあらゆるカスタマイズが可能です
  • 一体型のブレーキ、チャックなどのモーションコントロール部品の経験