LiDAR (光検出と測距)

光検出と測距(LiDAR)システムは、物体の検査、検出、マッピングを容易にすることで注目が集まっており、その結果、音波探知機や電波探知機のような従来の方法に取って代わりつつあります。 またLiDARシステムは、非常に正確なデータや画像の3Dスキャンをより短時間で提供することができるため、従来の測量方法よりも使用されています。LiDARシステムは、海洋システム、空港、セキュリティ、航空宇宙、港湾のオートメーションなど、過酷で厳しい環境で使用されています。このオートメーションは、エンドユーザーの安全性、効率性、コストの改善に役立っています。

さらなる小型化のため、LiDARアーキテクチャーでは、プリズムをベースとするシステムから、小型モータで駆動されるミラーシステムへの移行が求められています。 小型モータは、電力の供給量だけでなく、熱放散や消費電力も低減するなどのメリットがあります。ポルテスキャップのUltra ECブランドのスロットレスブラシレスモータは、コンパクトかつ軽量のパッケージで必要とされる高い効率性と動力を提供できます。 ギヤヘッドやエンコーダなどのアクセサリと組み合わせると、ポルテスキャップは、LiDARのほとんどの用途で完璧なモーションソリューションを提供できます。

利点

  • 優れた効率性
  • 最適なパッケージ寸法
  • 高トルク密度
  • 負荷がかかったときの減速を抑制
  • 優れた費用効率

カスタマイズオプション

  • コネクタ
  • 各種コイルインピーダンス
  • シャフトの長さ
  • ご要望に応じて、機械的統合を実施(ハウジング、フロントおよびリアフランジ、シャフト)