外骨格型の機器向けモータ

外骨格型の機器は、被装着者の体を補助および保護する体外装着機器です。 パワーアシスト機器は、被装着者の脚に装着されるウェアラブルなロボットや携帯機器で、最初に被装着者の動きを検出し、次に検出した動きを代わりに行う、もしくは強化するため、電子シミュレーションの動作原理を使用するものです。 これらは通常、病院やリハビリセンターで 高齢者や身体障害者をはじめ、脊髄損傷や麻痺などで苦しんでいる患者のニーズに対応する病院やリハビリセンターにおいて、事故や病気の後や周期性/永久四肢麻痺の患者に使用されます。

外骨格型の機器は、通常高トルクを実現するためのギヤボックスや位置フィードバックを行うエンコーダなど他の製品と共に小型DCブラシレスモータを使用します。 一般的な用途要件には、高トルク、長期バッテリ寿命に加え、座位や階段など負荷がかかった状態で動作する性能が含まれます。 ポルテスキャップの平型ブラシレスDCサーボモータとDCサーボモータは、軽量なパッケージで、長いバッテリー駆動時間を実現する設計が採用されているため、パワーアシスト機器向けの用途に理想的です。

利点

  • コンパクトなサイズで高トルクを実現
  • これまで以上に長いバッテリー駆動時間
  • 長寿命
  • 低消費電力、低重量、低用量で高効率
  • 負荷がかかった状態(座位や階段昇降時など)で動作する性能

カスタマイズオプション

  • 高トルクとこれまで以上に高い分解能を実現するギヤヘッド
  • 位置フィードバックを行うエンコーダ