放射線療法および画像用モータ

患者様の側副組織へ損傷を与える危険を軽減する機能および効果性が高まったため、3次元原体放射線治療(3DCRT)、および画像誘導放射線治療(IGRT)が悪性細胞の放射線治療として好まれるようになってきました。

ポルテスキャップの小型モータソリューションは、患者様の治療に使用する放射線を形成する放射線阻止リーフを正確にポジショニングします。ポルテスキャップの高出力密度モータは、リーフを素早く移動させ、治療の間の正確なポジショニングを実現させるほか、治療時間も短縮させます。ポルテスキャップの貴金属 REE 整流システムにより、モータの寿命が長くなるため、装置メンテナンスの必要を低減し、ダウンタイムを短縮するほか、エンドユーザーのモータ交換の総合費用も削減します。

利点

  • 高出力密度により、高速ビーム整形が可能に
  • 長寿命のブラシおよび整流設計
  • 高計数エンコーダにより、正確なリーフポジショニングが可能に
  • コンパクトなサイズで、デバイス全体が小型に

カスタマイズオプション

  • カスタム一体化モータ、ギヤおよびエンコーダソリューション
  • 必要とされるトルクおよび速度を実現させるコイルの最適化
  • 的確なポジショニングを可能にするカスタマイズエンコーダ計数
  • 放射線維持素材