歯科用CAD CAMミリングマシン対応モータ

自のUltra ECコイル技術により35ECSおよび30ECTの設計は極めて無駄が少なく、設置面積が小さいため、能動冷却のためのスペースを確保して出力の限界を押し上げることができます。モータの動作温度が低いほど、スピンドルの耐久性が向上し、保守作業の頻度が下がります。

利点

  • 強度の高い材料を使用した歯科用補綴物をより短時間で切削加工し、表面を美しく仕上げるには、高出力かつ高速のスピンドルモータが求められます。モータのコイル内部で直接温度を監
  • することにより、最大限のスループットを実現すると同時に信頼性の高い動作を保証します。 ラボでは、スピンドルの出力はそのままに、よりコンパクトな卓上マシンを求める傾向が高ま
  • ています。 35ECSおよび30ECTは、ポルテスキャップのUltra EC™ブラシレスモータシリーズの製品であり、定格出力に特に優れています。独硬質材料のドリル加工を可能にする高出力定
  • 歯科用補綴物の美しい表面仕上げを実現する高速動作
  • 最適な温度管理を行う温度プローブ
  • 高速運転時の鉄損が少ない(加熱しにくい)
  • 高い耐久性と高い信頼性を実現するスロットレスBLDC技術

カスタマイズオプション

  • 用途に合わせたコイルと磁石の設計による速度とトルクの調整
  • ミリング工具にかかる力を支えるボールベアリングスピンドルを最適な方法で組み込むためのチューブとシャフトの調整
  • 駆動要件に応じてホールセンサ有無の選択
  • ケーブルおよびコネクタ