電動外科用ドライバー

再建手術または整形手術中に骨にインプラントおよびワイヤメッシュを固定するには、しばしばネジを締める必要があります。手作業のスクリュードライバーを使用することで、この退屈なプロセスは、外科医にとって人間工学的な問題を提示し、手術に必要な総OR時間のかなりの部分を占めることがあります。さらに、外科医は、ネジが完全に着座した時期を決定するために加えられる力の独自の感覚に依存しなければなりません。ネジから遠くで駆動すると、骨の剥離が生じ、ネジの保持力が低下し、患者にさらなる外傷が生じます。 外科用ドライバーを電動化することにより、時間が短縮され、外科医の快適性が向上します。トルク制限機能を備えた工具は、患者の転帰を改善し、回復時間を短縮するためにネジの座を正確に制御することができる。これらのメリットのすべてが最終的にケアのコストを削減します。モータリゼーションは、Craniomaxillofacial(CMF)手術で既に顕著になっており、近い将来中型および大型骨治療に拡大する予定です。

ポルテスキャップは、再使用可能な外科用スクリュードライバーの繰り返してのオートクレーブサイクルに耐えるように設計された滅菌可能なスロット付 BLDCモータを提供しています。 サイズ6の滅菌可能なモータは、適切なサイズになっており、一般的なドライバーのワーキングポイントに合わせて設計されているため、効率が高く使用時間を長くしたり、バッテリーを小型化出来ます。 統合された電子機器を含む特定の設計要件に合わせてカスタマイズを行うことができます。ポルテスキャップは、非常に高効率でコスト効率の高い16mm、17mm、22mm、24mmブラシ付DCモータも提供しています。

利点

  • 高効率により、小型のバッテリーで長時間使用
  • 高速により、素早くネジの締め付けが出来る様になり、ドリルで使用する場合も同様に素早くパイロットホールをあける事が出来ます
  • 最小の直径で高いトルクが得られるため、よりパワーを必要とする大きなネジでも締め付け出来る、人間工学に基づいた工具の形状が可能になります
  • 低慣性ロータは、速やかに速度を変更したり、完全に停止してトルク制限制御を強化する事が出来ます

カスタマイズオプション

  • どんなツールにでもフィットする機械的変更
  • ツールドライバやカニューレ等のシャフト形状の変更
  • リード線やケーブルハーネスのコネクタピンの変更
  • どんなワーキングポイントにも正確に合致するカスタム対応のギヤ比とコイル
  • リクエストによりオートクレーブ対応の統合コントローラ
  • 정확한 속도 제어를위한 홀 센서 또는 인코더
  • 正確なスピードコントロールに為のホールセンサやエンコーダ