開頭術用ハンドツール向けモータ

開頭術用ハンドツールとは脳神経 (頭蓋骨) の手術で使用される高速ドリルを指します。こういった手術は非常に複雑なため、極めて高い精度とバランスが求められます。わずかな振動やブレでさえ、手術の結果に影響を与える可能性があります。これらのクイックカップリングハンドピースは、脳神経を扱う様々なタイプの手術を快適に行えるよう、低振動で完全にバランスのとれたモータを必要とします。

コンパクト設計のポルテスキャップの外科手術用モーションソリューションは、最小パッケージで最大のトルクとパワーを提供し、90,000 rpmを超える高速域に最適化することができます。加えて、これら小型のスロット付き DC ブラシレスモータは滅菌が可能で、3,000 回を超えるオートクレーブサイクルに耐えるよう設計されているため、寿命が長く、総所有コストを低く抑えることができます。これらのオートクレーブ対応高速モータは、温度上昇が少なく、低ノイズ/低振動で、急激な負荷にも最小限の速度変化 (振れなし) で対応できます。ポルテスキャップの外科手術用モータは、性能を最大限発揮できるように当社のコントローラと組み合わせることも可能です。

利点

  • 高速域に対応
  • 高速で最適なトルクを実現
  • 外科医の触知性を高め、疲労を抑える軽量および低振動特性
  • 所有コストを削減/機器の寿命を延長/メンテナンス費用を削減
  • 3,000回を超えるオートクレーブサイクルに耐え、生理食塩水への浸漬にも対応するよう設計された製品
  • 小型ハンドツール設計および人間工学の改善で実現する高効率

カスタマイズオプション

  • トルクおよび速度要件にぴったり適合する装置のためのコイルのカスタマイズ
  • カスタム出力軸とハウジングインタフェース機能
  • 高いレベルのアセンブリ一体化
  • プラグアンドプレイなモータのターミナル/ピン
  • 信頼性をさらに高めるカスタム機械設計
  • 高電圧保護用の多層絶縁
  • 24 Vオプション用のモータカスタマイズ

設計時間の短縮、オンラインでモータを選択