電動グリッパー用モータ

空気圧式グリッパーは、ファクトリーオートメーションにおいて過去30年にわたって普及しており、自動化された少品種大量生産での用途に適しています。絶え間なく変化する環境では、柔軟性と多品種での用途を可能にするために、コストの最適化とさらなるインテリジェンスが必要となります。 限られたスペースでは、グリッパーとワイヤーも周囲に接触する可能性があります。 衝突の危険性や予期しない場所移動に加えて、つかみ損ねやつかみ方が不完全な状態を検出するためのエラープルーフが必要になります。 運用コストを厳重に監視し、無駄なエネルギーと保守コストを追跡することで、システム全体の効率が向上します。

電動グリッパーを導入することで、グリッパーの指の位置の制御、グリップの検出、グリップ力と速度の制御がより優れたものになります。電動グリッパーには空気ラインが必要ないため、省電力でメンテナンスの回数が減り、よりクリーンな作業環境を実現します。

利点

  • 高いモータ効率により、バッテリ寿命をのばしデューティサイクルを増加
  • 低慣性と高速性でサイクルタイムを短縮
  • スロットレスブラシレスDC技術が、長期間にわたる信頼性の高い動作を実現
  • 軽量の高出力密度モータは、スペースが限られた環境でその価値を発揮します
  • タイマーの代わりにグリッププログラミング用にモータからのフィードバックを取り込むことができ、より効率的なプログラムを作成できます

カスタマイズオプション

  • 正確な位置決めのためのホールセンサーオプション
  • 速度およびトルクをカスタマイズする複数の巻線およびギヤボックス
  • 衝撃、高いデューティサイクル、および温度制約に耐える特別な素材
  • 軽量化、小型化を可能にするデバイスへのモータの組み込み
  • 発熱管理を最適化するための温度プローブ
  • 電子回路搭載により簡単に制御できるBLDCモータ